facebook広告作成時の注意点(画像編)

■facebook広告の仕様は日々変化しています

facebookも多くの方が利用することになり、facebook広告を出したいという企業様も増えてきました。

2013/10/29のコラムでは、「代表取締役」でセグメントできる方法を紹介しましたが、

このようにfacebookの広告の仕様は日々変化をしています。

facebook広告を出すに当っては、このような最新の仕様を把握しておく必要があるのですが

今回のコラムでは、その画像使用について説明したいと思います。

facebookの広告で画像を使用する際に、画像の20%を超えるテキストを使うことはできない

というのはご存知でしょうか?

実際、広告を出す際は

「今なら●●%OFF」

とか

「●●に悩んでいませんか?」

等の目を引いてもらえるようなキャッチコピーを画像の中に入れて、広告を出すのが一般的

ですが、実はfacebook広告を出す際には、そのテキスト量が画像全体の20%を超えてないか

というのをチェックする必要があります。

※もしテキストの使用量が、画像全体の20%を超えている場合が、最初は広告が走るものの
すぐにストップとなります。

ちなみにそのfacebook独自のルールは以下のURLから確認することが可能です。
https://www.facebook.com/help/www/468870969814641

しかしながら、実際のところ、テキストの何%が画像に含まれているのかを、図るのは
大変です。

そこでfacebookは「グリッドツール」といツールを提供しています。
https://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay

このツールを使うと下記のように画像が25に分割されるので、その中で文字が含
まれているものが5つを超えるとアウトとなります。

無題

ちなみにこれは3/25なのでセーフです。

せっかくfacebook広告を出しても、facebookのルールに違反して途中でストップされると
意味がありません。

是非上記も参考にしていただき、facebook広告の運用に繋げてもらえればと思います。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから