ユーザー目線のホームページ構成

■ユーザー目線のホームページ構成になっていますか?

・ホームページは持っているけど、なかなか問い合わせが来ない。
・ホームページのアクセス自体はあるが、なかなか問い合わせが来ない。

上記は何が原因なのでしょう?

原因を考えるにあたっては、お客様のがどのような視点であなたのページを
見ているかを考える必要があります。

お客様がホームページを見る際に
「Fの字の法則」といい、ホームページを見る際にお客様の視点は、

Fの字を描くように左上から、右、更には左下へと流れます。

f_rule

あなたのホームページはこの視点に応える構成になっていますでしょうか?

左上のコンテンツはとても重要です。ここにさほど重要でない
コンテンツを掲載していると、あなたはとても損をしていることに
なります。

左上にはサイトの説明や、一番見せたいコンテンツを掲載する
ようにしましょう。

 

■ホームページは賑わい感が重要

ホームページを構成するにあたっては、賑わい感「ひとけ」を意識することが重要です。
「ひとけ」がしないホームページはすぐに分かります。20011000187B

・新着情報の更新が全くされていない。
・いつ見に行っても内容が全く変わっていない 等々

「ひとけ」のないサイトからはどんどん人が離れていきます。
特にそれが物販サイトだった場合には、
致命的なものとなります。

一度離れていったお客様を奪回するのは、実は新規のお客様を獲得する
よりも難しいのです。

常にホームページを最新の状態に保ち、お客様を迎え入れるようにしましょう。

また自動で更新等を表示するコンテンツを「動的コンテンツ」と呼びますが、
「動的コンテンツ」はサイトの目立つ位置に置くのが効果的です。

ぐっと賑わい感が出ます。是非試してみてください。

執筆者紹介

福田英明
福田英明
株式会社ダブルループ 代表取締役

明治大学卒業後、大塚商会に入社、営業経験を経た後に
楽天株式会社に転職。
楽天ではビジネスマッチングサイト「楽天ビジネス」にて
営業・コンサル・マーケティング・事業企画の業務に
従事。
2010年に、株式会社ダブルループを設立後、多くの企業の
ホームページ制作及びWEBコンサルティングを行う。
また、大小問わず様々な企業にて、WEB戦略に関する講演
を多数行っている。累計講演回数150回以上。

【著書】
「まるっと1冊でわかる! 起業を決めたら最初に読む本」 
翔泳社
第三章 「ホームページ作成で必要なこと」執筆

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから