会社設立までの道程と設立後手続きについて

自分に対しての備忘録と、今後会社設立する人への参考にこれまでの道程と
設立後の手続きを書いておきたいと思います。

3/31

前職を退職

4/1

さて何をしようかとのことで、まずは会社設立方法について書かれている
サイトを読み漁りました。
いろいろと調べた結果、電子定款でやった方が、4万円近く安くなるということが
分かり、とりあえず、電子定款で進めることにしました。

実家帰省のため、しばし休憩

4/10

まずは印鑑を作らないとということで、個人の実印と法人印鑑3点セットを
楽天市場のお店に注文。
個人印は1,000円程度、法人印鑑セットは6,000円程度、
いやあ、安いですね。

4/13

法人印到着

4/19

個人印到着、いやあこっちは時間かかりました。
個人印ができたので、区役所に印鑑登録を行いに。
その場で、印鑑証明書を取得。

4/20

電子定款はいろいろと調べてみると、自分でやるのはかなりしんどそうなので
定款の認証業務だけ、行政書士に依頼することにしました。
いろいろ調べた結果、6,000円のところを発見、安いですね!!

まずは自分で定款を作成。フォーマットを基に作れば結構簡単にできます。
行政書士に頼む前に、公証役場に内容の確認が必要とのことで、公証役場
にメールで、定款の内容確認を依頼。

4/21

公証役場より内容問題なしとの回答。行政書士に依頼、料金を振り込み

4/23

書士より書類が到着。定款全てに個人の実印で割り印をし、印鑑証明書
及び身分証のコピーを入れ、返送。
特定郵便で発送しないといけないとのことで、郵便局より発送。

4/27

再び書類が届く。定款の認証が完了したとのこと。
中には、定款の入ったCDと定款が送られてきました。

5/1

資本金を自分の口座に全額振込み。通帳のコピー

5/21まで有給消化なので、在籍が終了するのを待ちます。

5/27

在籍終了後の大安日なので、必要書類を持って法務局へ。

登記事項の電子媒体(CDもしくはフロッピー)と取締役承認承諾書がないとのこと

で、もう1回法務局に補正登記に行かないといけないことが判明(泣)

6/1

不備書類を持って、法務局に行きました。

6/7

登記完了。嬉しい!!

すぐに法人印鑑証明書と、登記簿を発行してもらいます。

登記簿は1通1000円、印鑑証明は500円、高いですね!!

ここまでが、設立までの道程です。専門家に頼むと大体25万くらいかかりますが

私の場合は、電子定款以外は全部自分でやったので21万くらいで済みました。

6/8

法人口座を作りに、自宅近くの信用金庫へ。法人の銀行口座は初なので、ドキドキ

しながら向かいました。

窓口にて、登記簿と免許証の提示を求められます。待つこと15分。

今度は必要箇所に法人印と銀行印を求められます。捺印し、更に待つこと10分。

銀行口座ができました、意外とあっさりですね。少しびっくりです。

6/8

午後はそのまま、年金と保険の加入をしに、社会保険事務所へ。

ここでも登記簿の提示を求められます。こっちは事業所近くの事務所で手続きをしない

といけないことが判明したので、後日行くことになります。

以上が大体の流れです。

まだ、最大の難関である税務署への手続きが残ってますが・・・。

終えたらまた書きたいと思います。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから