社長ブログ

SEO対策に必要な記事の文字数について考えてみた

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日はSEO対策でたびたびご相談いただく内容である

ブログの文字量」について考えてみました。

 

ブログでSEO対策をしている方は是非、ご覧ください。

 

SEO対策に必要な記事の文字数のことならダブルループ

 

SEO対策に必要な記事の文字数について考えてみた

 

自社のWEBサイトにワードプレスを入れて、

ブログ投稿によりSEO対策している会社が最近は多くみられます。

 

そして、そういった方々からよくいただく質問が・・・

「何文字くらい書けば、SEOにおいて有効と言えるのでしょうか?」

という内容があります。

 

今日はブログ投稿によるSEO対策における

1記事あたりの文字数について考えてみます。

 

WEBで「ブログ SEO 文字数」と検索すると、

様々な情報が出てきます。

 

800文字以上なら上位表示されやすくなる とか

最近は2000文字以上の記事を書かなければダメ などなど

様々な憶測が飛び交っています。

 

以前より口を酸っぱくして繰り返していますが、

記事で大切なことは文字数よりも中身、品質です。

 

とはいえ今回は品質に関する議論は一旦、

横置きとして文字量についてのみもう少し考えてみます。

 

そもそも「自社のサイトを検索結果の上位に表示する」

SEO対策のゴールです。

 

検索結果上位になるということは

検索者のニーズを満たす可能性が高いサイトだということで、ここが重要です。

 

「検索者のニーズを満たす可能性が高い」という点を

Googleがどのようにして認識しているかを読み解かなければなりません。

 

SEO対策に必要な記事の文字数のことならダブルループ

 

検索結果を決める際、Googleの中の人が目視で検索キーワード1つ1つに対して、

これは良質なサイトだから上位だな、と判断しているわけはなく、

ロボットと呼ばれるものを回遊させて、

検索ニーズに対して上位表示させるサイトを決定しています。

 

では、ロボットの身になって、

どんなサイトが良質なサイトと判断するかを考えてみましょう。

 

文字量が他のサイトよりも多い 【文字量

画像などが貼ってあって分かりやすそう 【記事構成

サイトに訪れた検索者が他の記事も読んでいる 【多くの良い記事が存在】

有名企業が紹介しているサイトである 【被リンク

検索のサイト滞在時間が多い 【記事を熟読している=良質な記事

 

このあたりではないでしょうか。

 

上記判断軸の中でもロボットにとっては、

やはり文字量が判断しやすいはずだと考えられます。

なので文字量は多いことに越したことはないと言えるでしょう。

 

さらに言えば、記事の品質(サイトの品質)が

皆さんの会社と競合他社のサイトで同じだとした場合、

ロボットは何を持って上位に表示するサイトを決定するでしょうか。

 

文字量が多い方を上位に表示しようと考えるはずです。

 

以上から考えられることとして・・・・

SEO対策ワードでGoogle検索

・上位記事の内容と文字量を調査

・上位記事(競合サイト)の文字量を超える記事を投稿

 

このように何文字以上書くかというよりも、

他社のリサーチが重要だと私は考えます。

 

ただ、繰り返しとなりますが文字量以上に大切なことは品質です。

 

読みやすく、内容が深く、ボリューム満点の記事を

地道に作ることが検索上位表示の近道です。

 

 

facebook広告の無駄な配信をカット

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日のメルマガはfacebook広告を定期的に出稿している方、

もしくはこれからfacebook広告の活用を始めようとしている方向けの内容です。

 

効率よく広告運用するためには必見です。

 

Wordpressにおけるサイバー攻撃への備えならダブルループ

 

facebook広告の無駄な配信をカット

 

facebook広告の有用性について、過去何度か当メルマガで語ってきました。

 

実際にすでにfacebook広告を集客、

プロモーションに活用している人も多いことでしょう。

 

ではfacebook広告を出稿された方に質問です。

 

これまでに出稿したfacebook広告の中で思うように

配信ボリュームが出なかったことはなかったでしょうか?

 

多くのfacebook広告出稿者が

このような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

 

配信ボリュームが想定(過去の広告配信)よりも出なかったことには

いくつかの原因が考えられます。

 

予算が少ない

ターゲットに対して配信している広告内容がズレている

そもそも広告がアクティブになっていない

などなど、どれも原因になりえる話ですが、

よく見落とされているのが「配信先が重複していること」という点です。

 

facebook広告の利点の1つに

配信ターゲットの絞り込みを行えることが挙げられます。

 

たとえば絞り込んだ配信先をいくつか作成し、同時に広告を配信したとします。

この場合、作成した複数の配信先の中に

同じユーザーが重複する可能性が発生します。

すると、重複したユーザーには片方の広告のみが配信されてしまいます。

 

よって、もう片方(残り)の広告の配信ボリュームが出ない、

という事象が発生してしまうのです。

 

配信先の重複(率)を調べる方法としては・・・

広告マネージャ

オーディエンス

重複を調べる

対象オーディエンスにチェックを入れる

ターゲット層の重複を表示

以上の手順で調べられます。

 

あらかじめ重複するユーザーに対して、

広告配信をしない方法が「除外設定」です。

 

除外設定は広告セット時に除外する配信先を設定できるので、

配信ターゲット層が大きい(広い)場合などには

除外設定することをオススメします。

 

facebook広告の最大とも言えるメリットは

細かいターゲット設定が可能である点です。

 

すでに自社や自社のサービス・商品に興味を持っている人はもちろん、

新規の顧客獲得にも非常に有効なプロモーション手段です。

 

しかしターゲット設定を怠り、

常に似たようなターゲットに向けて配信を行っていると、

効果がどんどん落ちてしまいます。

 

せっかく作成した広告を無駄にすることのないよう、

ターゲット設定は都度見直しを徹底すること、

そして重複チェックも怠らないことが、

効果的な広告配信を実現するための重要なポイントです。

WordPressにおけるサイバー攻撃への備え

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

最近、弊社のクライアントにてMicrosoftを謳った音声警告がPCが流れてきて、

とても焦ったという報告がありました。

 

近年になってサイバー攻撃はあの手この手で

PC、ネットをアタックしてきています。

 

攻撃を未然に防ぐためには、その危険性と手口を理解することが大切です。

ということで、今回はWordPressのサイバー攻撃について考えてみました。

 

WordPressにおけるサイバー攻撃への備え

今年2月に「Wordpressで深刻な脆弱性が見つかった」

というニュースがありました。

※こちらに関しては下記にて詳しく書いています。

コラム:WordPressに重大な脆弱性が見つかったと発表

 

WordPressを代表としたCMSでは、

このような脆弱性をターゲットとしたサイバー攻撃を仕掛けられることが

少なくありません。

 

今回はサイバー攻撃の主な内容と対策について(一部ではありますが)

書いていきます。

Wordpressにおけるサイバー攻撃への備えならダブルループ

まず、Wordpressのサイバー攻撃は大きく2つに分類できます。

 

1.Wordpress自体の脆弱性を狙ったもの

2.Wordpressのプラグインの脆弱性を狙ったもの

 

1については上述した通り、

WordPressなどCMSがバージョンアップした際に、

プログラムの検証が不十分のため「穴」が存在してしまい、

それに伴い、攻撃を仕掛けられてしまうという内容です。

 

具体的にはサイト内のコンテンツが改ざんされるということが

この2月には多くのwebサイトで見られました。

 

WordPress自体の脆弱性を突いたサイバー攻撃への対策としては、

WordPressも早急な対応を施すので、

対応を施したバージョンへとアップデートすることが

最大の対処と言えるでしょう。

 

次に2について。

ご存知の通り、Wordpressの魅力の1つは

プラグインツールを利用できることにあります。

 

プラグインツールを利用することで、

簡単にwebサイトが構築できるようになるからです。

 

そしてこのプラグインツールもWordpressのバージョンアップや

世の技術革新に伴い、アップデートされていきます。

 

そのアップデートの過程の中で

プラグインツールのプログラム内に「穴」が出来てしまうのです。

 

たとえば近年だとWP Job ManagerやWP Mobile Detectorで脆弱性が見つかり、

サイバー攻撃を受けた例があります。

 

2のサイバー攻撃も1と同様、

対象プラグインツールのアップデートにより対処が可能です。

Wordpressにおけるサイバー攻撃への備えならダブルループ

WordPressは簡単にwebサイトを構築できる一方、

プラグインが多数あるため、

プラグインに脆弱性が含まれている場合が多いことを

理解しておく必要があります。

 

もしwebサイトの制作・運営をweb制作会社に委託している場合には、

委託先企業が定期的にバージョンアップを実施していることや、

脆弱性に関するレポートを定期提出してくれていることが

1つのリスクマネジメント指標と言えるでしょう。

 

自社でサイト運営している場合は、サイバー攻撃の対象とならないためには、

日ごろから最新バージョンへアップデートしておくこと、

そしてアップデートの際に脆弱性が見つかったバージョンではないかと

慎重を期することが重要です。

 

 

Instagramのビジネス利用

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

フォトジェニック、インスタ映えという言葉に代表されるように

Instagramは今や若者の必須ツールと言えます。

 

実はこのInstagram、ビジネス利用でも大きな効果を生んでいます。

今日はビジネスにおけるInstagramの効果を解説・紹介してみます。

 

Instagramのビジネス利用

 

Instagramの月間アクティブユーザーが2000万人を突破した、と

今月facebook日本法人より発表がありました。

全世界では8億人に上るそうです。

 

利用者層はというと・・・・

10代:340万人

20代:470万人

30代:350万人

40代:300万人

50代:90万人

60代:40万人

ザックリとこのような内訳です。

※利用者層データは総務省統計局の2015年10月の人口統計より

 

データが少し古めなので、

この割合のまま利用者数が伸びていると仮定するならば

意外にも30代以上で全体の40%超を占めていることになります。

 

一見、Instagramというと

店舗ビジネス向けだと限定的に考えてしまいがちですが

利用者層を紐解くとビジネスマンへの広告宣伝にも有効であることが伺えます。

 

またInstagramにはビジネスアカウントという

企業やブランド専用のアカウントがあり、

Instagram利用者の80%がビジネスアカウントをフォローしている

とも言われています。

 

つまり、プロモーション、ブランディングといった

マーケティング観点から考えると

Instagramは活用すべきツールであると言えるでしょう。

 

実際に「#中小企業」「#製造業」といったハッシュタグで検索すると

かなりの投稿が挙がってきます。

そして大なり小なり「いいね」がついており、

ファンとの交流が生まれている様が見て取れます。

 

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

このように見込客獲得、ファン育成ツールとして

Instagramには十分な素地があります。

 

では具体的に何から始めればいいのかというと・・・

1.ビジネスアカウントの取得

2.Instagram広告をお試し

この2つがオススメと言えるでしょう。

 

1については他のSNSアカウントを取得するのと同様に

簡単にアカウントを作成することが出来ます。

 

また2についてですが、

これまで当メルマガでfacebook広告に関して何度も書いてきている通り、

少額で、それもターゲットを絞り込んで広告を簡単に出稿することが出来ます。

 

まずは1・2をお試しください!

広告運用についてご不明な点やご相談などございましたら、

いつでもお気軽にお問合せくださいませ。

 

 

ネット利用はスマホがメイン!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

皆さんはインターネットをご利用される際に、

スマホPCどちらのデバイスを用いていますか?

 

今回はインターネットにアクセスするデバイス(端末)に関する

最新統計データをお送り致します。

 

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

ネット利用はスマホがメイン!?

 

スマホでのインターネット利用が今や当たり前になっていることは

周知のとおりです。

 

ではインターネットを利用する端末の利用率について・・・

【スマホだけ】 vs 【PCだけ】 vs 【スマホ&PC】

このような比較をしたとき、どれが最も割合が高いでしょうか?

 

LINE株式会社の

「〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2017年上期)」

によると・・・

 スマホだけ vs PCだけ vs スマホ&PC

=  46%  :  6%  :  39%

という調査結果が得られたとのことです。

 

さらに、10代は「スマホだけ」が70%に上がり、

逆に50代では「スマホだけ」は33%にとどまり

「PCだけ」が16%へ増加しています。

 

ちなみに間の30代はというと・・・

 スマホだけ vs PCだけ vs スマホ&PC

=  4%  :  4%  :  39%

とちょうど平均といえる数値を示していました。

 

このデータが示す通り、

インターネットへアクセスする端末としては

スマホが圧倒的な地位を築いています。

 


 

ではWEB戦略上、どのようなことを考慮したり、

検討すべきか、私の考えを書いてみましょう。

 

まず、上述のデータからわかる事実、そして可能性として・・・

・スマホのみのネット利用者がいる

・若年層(10〜30代)はPCのWEBサイトよりスマホのWEBサイトに慣れている

・ネットにアクセスするのはまずはPCで、という人は超少数派と思われる

・むしろ調査対象にネット系の会社に勤めている人がいるとしたら、

 PCのみの人の割合は限りなく0%に近づくのでは?

などなど様々な推測が出来ます。

 

推測から考えられることとして、

「PCのみのWEBサイトはスマホ対応しないと間違いなく機会損失を生む」

ということがハッキリ言えることでしょう。

※もちろん業種によってはスマホ対応する必要性が

 とても低いと言える場合もあるでしょう。

 

ビジネスにおいて重要なことは『顧客視点』です。

 

顧客がスマホを利用して、皆さんの会社やサービスの

WEBサイトにアクセスする可能性が高いことは

ここまで書いてきた通り今や当たり前なのです。

 

これまではキャッチコピーやフロント商品を開発すること、

そしてどの広告に出稿すべきかが

WEB戦略においては重要視されていました。

 

しかしこれからは、

スマホで見やすいサイトにする

スマホで見やすいコンテンツを作る

スマホで問合せやすい動線を構築する

といったことをプラスアルファとして考えていくことが重要です。

 

WEBサイトのスマホ対応についてお悩みの場合はどうぞお気軽にご相談ください。

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

 

1 / 4712345...102030...最後 »

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから